自分で引越す方法

自分で引越しをする方法が安い?

単身者だと荷物が少ないため、

「自分で引越しをする」というのも選択肢に入りますよね。

 

あまり遠いと難しいですが、

近距離の場合は確かに良いかも知れません。

 

 

ただ、最近は単身者用のパックプランを安く提供している業者も多数あるので、

本当に自分で引越しをするのが、一番安いのかどうかは、よく検討してみる必要があります。

 

このページではどちらが安いかを、しっかり検討していきたいと思います。

 

自分で引越しVS単身者向け引越しプラン

まず、業者に頼んだ場合の単身引越し料金は、

安いものだと、2万円以下からあります。

 

トラック1台を貸し切るのではなく、コンテナを借りるプランを選ぶのが、

単身者が安く引越すポイントです。

 

但し、こういったプランは

「単身者=荷物が少ない」ということが前提になったものです。

 

ご自身の場合の料金がどれくらいになるかは、

実際にいくつかの引越し業者の無料見積もりを比べてみるのが一番正確です。

 

引越し料金というのは、

詳細な荷物の量、引越し先との距離、立地条件など、変動する要素が多いためです。

 

複数の引越し業者の見積もりを取るのには、

ズバット引越し比較などの、無料のネット一括査定サービスを利用すると、楽です。

 

 

 

では、自分で引越しをやった場合は、どれくらいに抑えられるのか?

 

以下で、おおまかな費用を計算してみます。

 

・レンタカー代

(参考:あるレンタカー会社では、6時間レンタルの場合、1.5tまで積めるトラックで8400円。ワンボックスのハイエースなら10500円)

 

・キャスターのレンタル代

(なくてもなんとかなりますが、あるとかなり便利です)

 

・ダンボール、ガムテープなどの梱包費

(ガムテープは100円均一にもあります。

ダンボールはホームセンターで、大きめのものが1枚あたり200〜300円くらいが多い。中古で良ければ、業務用のお古をもらいに行く手も。

他にも割れ物があれば、エアキャップなど)

 

・手伝ってくれる友人などへの、お礼やご飯代など

(相手との間柄にもより、費用が大きく変動すると思いますが、食事くらいはおごってあげたいところです)

 

 

こういったところです。

単身者且つ短距離なら、どちらかというと自分でやったほうが安く済む場合が多いと思います。

 

 

唯、ここで注意したいのは、

 

・素人が引越しをやる場合、物を破損したり、新居を早速傷付ける事が意外に多い。

(業者の場合は慣れているので、そういう事は少ないし、

万が一あっても、弁償してもらえる事がほとんど)

 

・引越し作業で疲れたあとに、荷解きが…。体力的につらい。

(私は引越し後に、疲れから体調を崩して寝込んだ事があります…)

 

というデメリットがある事です。

 

 

安くなるといっても、引越し業者に頼む場合と、

数千円程度しか変わらないことも、多々あります。

 

 

業者の見積もり金額と、自分でやる場合の金額の差を把握したあと、

 

「かかる時間と手間も考えたうえで、

この金額差なら、業者に頼むのか?それとも自分でやるのか?」

 

と、しっかり考えたほうが良いでしょう。

 

 

業者の見積もり金額を知るには、こちらのフォームから!

引越し一括見積もりで簡単料金比較!
現住所の郵便番号 -  郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数大人人 子供ヘルプ

 

サイトマップ

引越し料金の目安…あなたの場合はどれくらいか、具体的に金額を把握したいのなら。
電気自動車